画像1


友人から格安で譲ってもらった東京マルイ製・M3スーパー90をお料理しました。
画像1

まずお約束のトップレイルとシェルホルダー。
シェルも三つ譲ってくれました。ありがたい!

画像1

ググって見つけたサイト様を参考にしつつ分解して穴空けしてビスどめ。
シリンダー等との間には1~2ミリ程度の隙間しか無いので、皿頭のネジを裏から通して表(組み立てて見えるところ)からナットを締め込みました。
ビスだけでなく、エポキシ接着剤も使用しているのでそうそう取れることはないでしょう。

ネジの径はジャンク箱から発掘したレイルに空いていたネジ穴の径に合わせてM3です。

シェルホルダーは裏がオスのベルクロになっているので、レシーバー左側面にメスのベルクロを貼り付けました。裏がシールになってるやつ。端切れ箱に埋まっていました。



画像1

フォアエンドにもレイル二本。
ボトムのレイルは、フォアエンドを固定するネジ穴(M4)をそのまま利用しています。長さは15ミリです。
レイルに空いている穴は3ミリ径ですし、位置も合っていなかったので空け直しました。

左側面のレイルはトップレイルと同じ要領で固定しました。



画像1

画像1

そしてもろもろ載せたのがこちら。
ボトムにはAFGを、左側面にはライトとラルーのハンドストップを配置。
AFGとハンドストップをこのように配置すると、ガッチリホールドできるのでオススメですぞ。M4とかでもね。

ライトのプッシュスイッチがかなり押しづらいのでこんどリモートスイッチつきのライト買い直そうと思います。ハンドストップとAFGも他の銃から拝借してるので、きちんと黒のを買いたいとこです。



画像1

CA870にロングフロントを組んだやつと比べるとこんな感じ。
これで二丁シャッガンプレイが可能に!!!成し遂げたぜ。

ではこんなとこで。