今年の五月祭前頃に友人たちに頼まれて作った物たちについての記事。
 ・罪袋(これは東方Project公式ではないが)
 ・東方星蓮船5面ボス 寅丸星の鉾と宝塔
まず罪袋。
参考画像(Google画像検索)
22860966_1146347580_236large
 これは依頼主である友人の写真。ほんとは半裸だけど社会通念上トリミングすべきという天の声が聞こえたのでトリミングした。

 コレを作るのは本当に簡単だった。
 薄手の綿布と麻縄を買ってきて綿布を袋状に断裁・縫製。さらにそこに麻縄を通すためのループを縫いつけて適当な長さに切った麻縄を通しただけ。
 (一応起こしたけど)型紙を起こす必要も無いぐらい。型紙起こす時間も含めて2時間もかからなかったかなあ。
 「罪」の字を布に書き入れる時に手間のかかる方法 を取ってしまったのは失敗。量産・頒布も検討しているので、その時はステンシル等の手段を利用しようかと考えている。

 

 次に本命。寅丸星の鉾と宝塔。
参考画像(よそさまのブログ)
 この寅丸星というキャラ、設定上は毘沙門天代理ということになっているので、毘沙門天が持っている鉾と宝塔を手にしている。 
 これらの制作をコスプレイヤー(当時はまだ駆け出しだったが)の友人に頼まれたのであった。

 で、画像がこちら。
22860966_1146347578_34large
 この衣装自体もン万円という気合の入った代物なのでこちらとしても全力で期待に答えようと持てる技術と発想力の総てを投入してこの鉾と宝塔を制作(もちろんフルスクラッチビルド)した。

 ・鉾
 単体の適当な画像が無かったので画像は割愛。
 木の丸棒と塩ビパイプ、エポキシパテで造形。
 鉾先は塩ビパイプに芯となる木(ファルカタ材を削り出したもの)をぶっ刺し、そこにエポパテや木パテを盛りつけておおまかな形を作り、研削して形を整えた。
 その後銀のラッカースプレーで塗装。個人的にはもう少し塗装に凝るべきだったなと思う。当時は知識がなかったから出来なかったが、今また作るとしたら黒立ち上げからドライブラシで銀を塗りこむと思う。 

 鉾と柄の接続部を”それらしく”するためにエンジ色の組紐を境目部分に巻いてある。

 石突も塩ビパイプとエポキシパテで造形。後艶アリ黒で塗装。

 持ち手となる棒の部分は黒い布ガムテープをたわまないように注意しながらグルグルと巻いていった。簡単だが中々上等な質感。 


 ・宝塔
22860966_1146347591_49large

 原作である東方星蓮船のキャラ絵やカットインにできる限り忠実にデザインした。

 この宝塔は屋根・宝玉・土台の3つの部分から成っている。
 まず屋根はベニヤ板をピラミッド状に組んだものを芯とした。木パテで屋根の裏部分を埋め、強度が必要とされる四隅の突起はエポキシパテで造形。屋根の頂上部の突起は釘を芯としてこれまたエポキシパテで造形した。
 ナイフやヤスリで 形を削り出し、後に金色の輪を別途エポキシパテで作っておき、屋根部の塗装(アクリル塗料筆塗り)後に接着した。

 宝玉部は、ハンズで買ってきた適当なサイズのアクリル球の表面を紙やすりで荒らし、更に内部に 透明なビニール袋と発光ギミックを仕込んで”それらしく”した。宝玉の中に雲が漂っているように見えなくもない?
 秋葉原巡回時におそらくオートバイ等の装飾用と思われる、LEDが一杯連なっていて、電気を通すと一定のパターンで七色に光り、おまけに柔軟な基板が使われているため自由にぐにぐに曲げられるという面白い物を見つけて買っておいたものが役に立った。

 土台は適当な太さの麻縄を三本うまいこと編み合わせたり縫い合わせたりして作成。

 そうして作った3つのパーツをパテで組み合わせて出来上がり。
 底部のスイッチをオンにすれば
22860966_1146347590_157large
 光る!

 おまけで
22860966_1146347589_145large (1)
22860966_1146347587_225large (1)
 入れ物も作ったりもした。
 依頼主には喜んでいただけたので満足。