DSC_0442

ニコニコ動画のニコニコ技術部タグなどで一時開発競争が行われていたような気がするマミさんのマスケット銃。
例によって作業途中の画像が少なすぎますが…


そう…最初は発射炎(煙)噴出ギミックを搭載しようとしていたのだ…(適当すぎる合成画像)
 DSC_0270
 簡単に言うと、銃の本来なら薬室やレシーバーに当たる部分(マスケットでもそう言うのかは知らない)に当たる部分にガスガンのマガジンをガス漏れしないように仕込んでおき、ガス噴出機構を作る。
 さらに銃口から片栗粉をぶち込み、ガスを放出すると、白煙がぶわっっと銃口から噴出!という寸法である。
 だが引き金を引くことでハンマーとガスバルブ開放を同時にこなす機関部の工作がメンドイ、納期が迫ってる、などの事情によりあえなくこの機構はオミット…。
 いずれミニ八卦炉(東方Project、霧雨魔理沙の魔法道具、ビームとか出す)でも作ろうかなと思っているので、その時にこのアイデアを応用してみようと考えてます。

 さて春休み中に片付けようと思っていたものの時は過ぎ行き、いつのまにやら魔法少女まどか☆マギカ設定資料集なんてものも発売されてしまい、さらに夏休みも過ぎ…とやっているうちに結局10月に。
 当初はアニメのキャプチャー画像からデザインを起こそうと考えていたのですが、設定資料集を手に入れたのを良いことに、そこからデザインを起こし直す事に。
 やり方は至極簡単。実物(?)大(1250ミリ程度)に拡大コピー した物↓
DSC_0356

 こいつをもとに、エアガンを参考にしつつ適当にデザインをリファインし、それを直接木(パイン材だったか)に貼り付けて切り出すだけ。ジグソー大活躍。
  そして出来上がった物に適当な形に切った塩ビ管を組み合わせて出来たのがこちら。
419278341
 あっこの画像良く見たら重心下に槊杖つけて簡単な面取りもやっちゃってありますね。
 それもありますがこの時点でなかなかの存在感とそれっぽさを放ってます…。
 このあとは細々とした装飾用品の制作・取り付けに入って行きます。
 両側面の飾り部やハンマー、火皿、トリガー、トリガーガード、照星などなど…
 塗装後に飾りを釘付けしてできあがり!
DSC_0445
DSC_0438

DSC_0439
DSC_0440
DSC_0442
DSC_0443
 ハンマー、照星、 槊杖の先端、火皿、トリガー、トリガーガード等は針金を芯としてエポキシパテで造形。
 側面の飾りは黒い部分は塩ビ板で、銀色の部分は薄いアルミ板を然るべき形に切り出して立体感を出すために曲げたのち、 釘付け。真鍮釘が良いアクセントになっている…かなあ?
 銃床の底部もアルミ板で装飾しています。
 ハンマーや火皿に入ったマジカルなオレンジ色の物体はエポキシ樹脂。
 依頼者さんも感動してくださったようなのでよかったです。
 おしまい。