COMBAT BLOUSE_edited-2

※この記事はPCでの閲覧を前提としています※

 前エントリ「紹介編」は、これをつくろうと思った発端であるトゥギャりの作者であり、Vショーで配布していた女子サバゲ服本(リンク先はPIXIV)の作者でもいらっしゃるSAAさんのご紹介も賜り、結構反響を頂いたようです。
 Vショー行ったのにこのご本を買い忘れるとか大失態にも程がありました…オウフ…。

 さて、前エントリでも「意外と作るの簡単」と書きました手前、作り方を公開せぬわけにはまいりません。細かく写真を取ってない&迷彩だから写真見てもよくわからん&PCでやんのめんどいという事情で汚い手書きのモノをズラッと並べるだけになってますが、是非ご笑覧下さい。
 しかしホントに字が汚いなあ…。


 それはともかく、この製作法ならミシンさえ扱えれば誰でもできます!「服作るの!?ムリムリ!!」なんて思わず、挑戦してみてください。と言いたいとこですが戦闘服一個潰すことになるのでちょっと覚悟が必要ですかね(・_・;)

 既存の戦闘服をカスタムするというこの製作法の利点は、(一から作るより遥かに簡単であることはもちろん)A-TACSやマルチカムのような、リアルだけど手に入りにくい柄の生地で女性用の戦闘服を作れることです。
 今時探せば5000円しないで戦闘服なんて買えちゃったりするので実は生地買うよりも安上がりだったりします。生地のレプリカなんてなかなか日本じゃお目にかかれないので実物生地買うしかないんですよね(´・ω・`)そうすると上下で1万円ぐらいかかります(´・ω・`)。

 それとブラウスの型紙についてですが、著作権法に勢い良く抵触することになるので私から配布することはできませんが、ちょっとでかい本屋さんに行けば、初心者向けの洋裁の本はいっぱいあります。中でもコスプレイヤー向けの書籍なんかは作り方がとても丁寧に記されているので初心者にはオススメです。
 それと有名どころで「usakoの洋裁工房」では多くの型紙が配布されてます…が、型紙印刷して貼りあわせて…という作業が面倒なら素直に実物大型紙が付録になっている本買っちゃったほうが速いです。

 字が読めねえぞ!とかどういうこと?とか、何か質問がございましたらばコメントでよろしくお願いします。ではでは。
 

121216_121216234617
「型紙」としか書いてありませんが、普通のブラウスの型紙の事です。
出来る限りプレーンなデザインの物を選ぶとやりやすいと思います。
はなまる印は「コレ大切!」のつもりで付けたんですが特に意味はないです。
121216_121216234715121216_121216234823


121216_121216234906121216_121216235022


121216_121216235154
このへんは前のエントリでも紹介したx 115 x taylorさんのところを見たほうが良いと思います(・_・;)

121216_121216235241

ウウウオオオアアア!!!スペルミス!!!!!BFORE AFTARじゃなくてBEFORE AFTERですね。知ってます。知ってます。はい。死にたい。眠かったんですよこれ書いたとき(必死の言い訳)
それは置いとくとしてなんかアニメに出てきそうなシルエットになりますよ。マジで。